読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌舞伎蝶日記

主に歌舞伎について。それ以外の舞台・ミュージカルも。萬屋・播磨屋・中村屋、加藤和樹がメイン。

2016.05.23* 歌舞伎夜話 -中村米吉-

歌舞伎

皆さんお疲れ様です! (←言いたかった。)
あるえです。

歌舞伎夜話をまとめる!と宣言していたので、さっそく歌舞伎夜話レポートです。米吉くんからいきたいと思います。何故ならば…SNSでトーク内容のレポート禁止なため、書くのが簡単だから!ということで、レポートはないけれど、感想とお写真です。

かっこよかった米吉くん

生でこんなに近くでまじまじと素顔の米吉くんを見るのは初めてでした。四月の歌舞伎座で「痩せたな~」とは思ってたけど、素顔を見るとよりしゅっとしたのがわかります。だからかな。米吉くんのお姿を見ての感想は…米吉くん、かっこいい。かわいいと思うことが多いし、「米吉くん=かわいい」っていうのが通説じゃないですか。でもね、かっこよかったんです。もちろんかわいくもありましたけど!きっと私の目はハートになっていたことでしょう。仕草や手の形がいちいち綺麗。かわいくてかっこよくて綺麗って、最強じゃないですか?

トークのお相手は、いつもの通り、松竹社員の戸部さん。

内容は、戸部さんが脚本を書いて米吉くんも出演した「ラスベガス歌舞伎 獅子王」のお話がたくさん。会場には、現地まで足を運んだお客様もいらっしゃいましたね。私は、羽田空港で行われたライブビューイング中継で鑑賞しました。だから舞台上・舞台裏のエピソードも想像できたし、良い復習になりました。それでも見ていないお客様が多い中、会場全体が楽しんでいました。米吉くんの話術の高さがうかがえますね。

その他にも、公式レポートにも記載の通り、座右の銘やお化粧の仕方のお話など。歌舞伎に対する真摯な姿勢が伝わってきました。「五代目中村米吉としての誇りをもち」との記載がありますが、「米吉」という名前に対する責任・想いも感じました。

 

トーク後は、お写真タイム&お見送り

 錦之介さんのようなミラクルは起こりませんでした。が、戸部さんを巻き込んでポーズを撮ったり、自由の女神のようなポーズを撮ったりと、サービス精神旺盛でした。

ページが重くなってしまったので、写真は別の記事にアップしました(↓)。上手に撮れてなくてすみません…

おしゃべり上手で、とても楽しい時間を過ごせました。このトークショーで、ますます米吉くんの虜になった気がします。お見送りでも、少しだけですけど楽しくお話させていただき、ほっこりした気持ちで会場を後にしました。

ちなみに、この後お友達と錦さまお墨付きのイマカツへ。いつもササミカツを食べるんですけど、ロースカツにしてみました。美味しかった!けど、ササミカツが1番だと思います。ロースカツを撮り忘れたので、以前撮ったササミカツのお写真。絶品ですよ。

f:id:rl0kk:20160628160555j:plain

 

関連リンク

歌舞伎役者 中村歌六 米吉 龍之助|オフィシャルサイト | 皐月色々

 

あるえ