読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌舞伎蝶日記

主に歌舞伎について。それ以外の舞台・ミュージカルも。萬屋・播磨屋・中村屋、加藤和樹がメイン。

六月大歌舞伎にいってきました

こんにちは。あるえです。

一昨日、千穐楽歌舞伎座で「六月大歌舞伎」の一部と三部を観劇しました。超歌舞伎「今昔饗宴千本桜」の基にもなった「義経千本桜」の通し上演です。(全てではありませんが。)

f:id:rl0kk:20160628162517j:plain

f:id:rl0kk:20160628162529j:plainf:id:rl0kk:20160628162538j:plain

先月の團菊祭では、幕間でマダム達の「さっき隼人くん見たわ」「私も見たわ」「かっこよかったわよね」なんて会話が耳に入ってきたのですが、私はお目にかかることはできませんでした。それが悔しくて夢にまで見たのですが…

今回も同じ空間で観劇していた!目撃情報によるとけっこう近くのお席だったようなのですが、全く気が付きませんでした。なんて日だ!正夢だったのに!

座席選びの失敗

一部は3階席センターのお席。視界は、こんな感じです。

f:id:rl0kk:20160628162528j:plainf:id:rl0kk:20160628162605j:plain

三部は2階席下手のお席。上からの圧迫感があります。

f:id:rl0kk:20160628162552j:plain

 

歌舞伎で1階席以外に座るの、二月ぶり。
一部では、家来の四天王が登場したときはちょうど首から下しか見えなくかったし、知盛が入水するときは持ち上げた碇が見えず、万歳に見えた。こんなに見えないところあったっけ。
三部では、天井に視界が遮られて宙乗りがあまり見えなかった。最初に上がったときはぎりぎり見えるくらい。一度下がると見えるようになるけど、その後ぐーんと上に上がるともう影でしか楽しめない。桜もほとんど来ないし…

宙乗りは、11,000円の2階席よりも5,000円の3階席の方が楽しめると思います。椅子のクオリティを差し引いても。(2階はまだ柔らかいから快適。3階はお尻と腰が痛くなります。)一部と三部を完全に取り間違えた…テレコだった…と、落ち込みました。七月・八月も歌舞伎座では宙乗りがあるので、参考にしてみてください。

めで鯛タケルくんの初お目見得

f:id:rl0kk:20160628162547j:plainf:id:rl0kk:20160628175451j:plain

6歳って、こんなにはっきりと台詞言えるんですね。3階までしっかり通っていました。そしてかわいい。とにかくかわいい。しっかりと安徳帝を演じていたので、最期に知盛の安徳帝を見つめる表情にもぐっときました。来年の1月には二代目市川右近を襲名します。

あと、タケルくんを抱っこしてる市川喜之助さんがかっこいい。

とにかく、大満足!

たいそうなことは言えませんが、銀平自慢するお柳がかわいかったり、碇知盛で圧倒されたり、春猿さんが綺麗だったり、清元昂洋さん(けんけんこと尾上右近くんのお兄さま)が立三味線だったり、猿弥さんがおもしろかったりみっくん亀井がドタドタやかましかったり、よだいめの源九郎狐があざとかわいくて愛くるしかったり…宙乗りがよく見えなかったことを差し引いても、最高でした!

あるえ